日本ALS協会 千葉県支部「活動・イベント・ニュース」

「ALSと共に闘い、歩む会」日本ALS協会千葉県支部、および協賛・支援の活動とイベントを伝える支部公式ブログ。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< H25年度定時社員総会 | main | 平成25年度 千葉県支部総会・講演会・交流会 >>

ALS自立支援特別講演

0
     
    2013年6月3日(月)の夕方、鎌ケ谷総合病院 大会議室(9F)Blom氏による「喋れる気管切開:新たな気管カニューレの開発と導入」の講演があった。吸入時に空気が肺に入ったあと、排気時に声門を通る方向にバルブが自動的に切り替わるもので特殊なシリコーン樹脂による弁がカニューレに仕組まれている。気管切開しても特殊な器具を装着すれば、音声が使え、話すことができる画期的な発明である。千葉県ALS患者の並木さんもこのカニューレを使っており、そのデモにも参加された。ただ、声帯とその周辺の筋肉の機能が失われていない患者に限定されるのであるが月に約1万円ほどの器具維持費で「話す」コミュニケーション手段が確保されることは患者や家族にとって大きな喜びであろう。(福永記)
    JALSAイベント | permalink | - | - | -