日本ALS協会 千葉県支部「活動・イベント・ニュース」

「ALSと共に闘い、歩む会」日本ALS協会千葉県支部、および協賛・支援の活動とイベントを伝える支部公式ブログ。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「センサエキスポジャパン2019」見学記 | main |

国際福祉機器展2019

0

    会場:東京ビッグサイト (東京国際展示場)
    会期:2019年09月25日 〜 2019年09月27日
     

    老人人口が増えるためかこのイベントは毎年盛況である。さてコミュニケーション関連機器を調査した。目だったのはどの機器もクレアクトの視線ユニット、トビーPCEye Miniを採用していることだ。小型でマイコン内臓のため本体のパソコンのパフォーマンスに負担をかけていないことだ。しかしゲーム用の視線ユニット、トビーEyeXが2万円程度に対し、18万円はかなり高価だ。安価な旧ユニットでもそこそこ高速のパソコンなら「ハーティラダー」では使えているのだが。

    テレビで放映されていた分身ロボット「OriHime」はALS患者にとって夢を与えるような機器だがまだレンタルしか提供されておらず、しかも月額4万円なのでとても個人では使えない。何人かで共用して使うのがいいが、同じ施設内でないと不便かもしれない。見るだけでなく会話もやる場合は視線装置が使えないと機能を使いきれない。

    眼のまばたきでスイッチとして使える「アイスイッチ」はスキャン機能を取り込んでいろいろの命令をできるようになっているが、課題は目の認識の確実性で昨年試したときに誤動作(まゆげを目と認識)があり、今回も試したが途中に誤動作をし、認識しなくなった。多分人の顔による差もあるのだろうが、改良は必要と感じた。

    声帯を失った患者さんのために電気式人工咽頭が何社か出品されており、DENCOMの「ユアトーン」は音声の高低ができるのが興味深いものである。高機能型では音域を2オクターブ変えられ、訓練で歌まで唄えるようだ。ただ、口や舌が自在に動かせないと使う意味はないが。(福永記)

    ALSイベント | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://together.als-chiba.org/trackback/46
    この記事に対するトラックバック