日本ALS協会 千葉県支部「活動・イベント・ニュース」

「ALSと共に闘い、歩む会」日本ALS協会千葉県支部、および協賛・支援の活動とイベントを伝える支部公式ブログ。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 千葉県支部交流会 | main | 「センサエキスポジャパン2019」見学記 >>

平成31年(令和元年)度千葉県支部総会・交流会

0


    日時:2019年6月15日(土)千葉ハーモニープラザにて
    前夜から雨となり、午前に激しい雨になり、今回は参加者がかなり少ないのではと危惧していたが、午後から小雨となり、交流会のころには100名を超え、結局112名とこれまでにない多くの参加者となった。
    第一部の総会では前年度の決算、今年度の予算と新役員も異議なく全て20分程で終わる。第二部の講演会はデイビットさん(太田 浩美さんが代読)の「医療過疎地域にALS患者・家族として生きる」で家族と地域医療支援で懸命に生活されている様子を紹介されていた。
    終了後、3社の業者紹介があり、螢レンジアーチとみどりのまきば企画のそれぞれがカメラを使った簡易スイッチの紹介があり、まだ開発段階ながらもしっかりと機能が果たせられているデモをやっていた。フィリップス・レスピロニクス合同会社のほうは褥瘡予防を考慮した呼吸器の説明があった。第三部の交流会ではいつものレクリエーションの時間を割愛し、参加された患者さんからの気持ち、疑問、生活工夫などあらゆる課題について語ってもらい湯浅先生のアドバイスをもらいながら約1時間半という長い交流の場となった。終わりに閉会の辞を述べたのは丸山明子委員だが、代読したのは何と小学校2年生の娘さんのまひなちゃんでその愛らしさに会場から大きな拍手が。1患者さんから同じ境遇の人たちがこんなに多く一同に会するだけでも大きな安心と励みをもらえるといった発言が非常に印象的であった。(福永)

     

    千葉県支部イベント | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://together.als-chiba.org/trackback/44
    この記事に対するトラックバック