日本ALS協会 千葉県支部「活動・イベント・ニュース」

「ALSと共に闘い、歩む会」日本ALS協会千葉県支部、および協賛・支援の活動とイベントを伝える支部公式ブログ。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< JALSAコミュニケーションイベントin 東京 | main |

H30年度JALSA千葉県支部定期総会・交流会

0

    【日時】平成29年6月23日(土)
    【場所】千葉市ハーモニープラザ1F 多目的ホール
    第一部 総会(13:00〜13:30)
        支部活動報告と今年度の方針と予定、役員
     第二部
    ・講演会(13:30〜14:40)
    「ALSの治療の現状と様々な生き方」荻野美恵子先生
    ・各業者による機器説明(14:20〜14:40)
    〜休憩〜(この間に業者の製品説明あり)
     第三部 交流会(15:00〜16:00)
     ・患者・家族の紹介と挨拶、意見(15:00〜16:00)

    今回お楽しみ会は省略し、大幅な役員人事変更と長年支部長を務められた照川氏と事務局の川上氏の表彰がなされ、新支部長に並木氏、事務局長に大山氏が承認された。講演会では、国際医療福祉大学の教授、荻野美恵子氏が約50年もの医療経験からALSの基礎、AOL向上、治療の歴史を詳細に話され、質疑応答も含め時間が足らないほど熱心な討議となり充実した講演となった。
      今回展示説明された業者は「みどりのまきば企画」、「フィリップスレスピロニクス」、「住友理工螢▲咼螢謄ーズ・ケアネット」の3社であった。視線装置に対応した「伝の心」、呼吸器関連機器や床ずれ防止機能ベッドなどに参加者が熱心に体験していた。
    交流会では参加された患者さん一人一人の近況や思いを語ってもらい、患者さんからの悩みに荻野先生、林先生、大宮先生などが適切なアドバイスがあった。予定の1時間はあっという間に過ぎながら、荻野先生から人工呼吸器を付けるか、否かの問題は非常に大きく、必ず本人の意思を尊重して決めてほしいとの見解を述べられた。今回千葉県支部以外の関係者を含め120人を超える多くの参加者があった。(福永記)

    千葉県支部イベント | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://together.als-chiba.org/trackback/40
    この記事に対するトラックバック