日本ALS協会 千葉県支部「活動・イベント・ニュース」

「ALSと共に闘い、歩む会」日本ALS協会千葉県支部、および協賛・支援の活動とイベントを伝える支部公式ブログ。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

視線入力装置について

0

    視線ユニットTobii EyeX conntorollerは2万円台で、またその対応ソフト「ハーティラダー」も無償で入手できるため、自己負担でも気にならない意志伝達装置が構築できるので注目されている。このユニットがEye Tracking Coreとして最近ヴァージョンアップされており、「ハーティラダー」とその支援ソフトもそれに対応したヴァージョンアップがすでに準備されていた。以前のものはUSB3だったのがUSB2に変わったのだが、ドライバーソフトは2倍の容量になっただけでなく64bitの高速パソコン対応になっている。旧ユニットではWindows7 Home Premium SP1 32bit Ops Celeron 1000M 1.8Ghz RAM 2GBの「伝の心」のパソコンに導入して「ハーティラダー」を共用できていたが、新ユニットではできなかった。だが、高速のintel core5クラスを搭載したパソコンを持っていれば使えるようだ。
    さて、視線入力装置を使うにあたり目の疲労が気になる点があり、特にALS患者さんの目の疲労に注意が必要と思われる。健常者の自分が使って感じたことを述べたい。
    1.ユニットから発せられる赤外線
    視線ユニットはパソコンの画面下の枠に設置されているが、使用中は3つの赤外線ランプが点灯している。周りが暗くないかぎりこの光が気になることはほとんどなかった。
    2.画面
    視線モードでは視線先の画面にアイコンが出て目の動きに応じて左右上下に移動する。この目にくっついたような現象が長い間使っていると精神的に気になってくる。網膜上にもこの光がある部分に滞っているわけで長時間だと何らかの症状が出てもおかしくないだろう。次に文字の「確定」は、1.目を閉じる 2.ある時間(通常1秒程度)その文字を凝視する 3.別のスイッチで確定する という3方法があるが、1と2は結構目が疲れ、精神的に負担を感じるようになる。3が望ましく、ジョイスティックアダプター(手作り品をICT救助隊が4千円ほどで販売)に利用できるスイッチを接続して使うのが無難。これだとスイッチを押さないかぎり文字を確定しないので、操作中、気兼ねなく目を休めることができる。
    3.その他
    視線入力用の文字選択画面はかなりコントラストや色配置がハデなので長い間使っていると次第に目が疲れてくるため気になる。できればコントラストや色を調整できる改訂が望ましい。ともあれ眼球が疲れることは症状の進行を悪化させるとも言われるので少しでも疲れたら休むという習慣をつけるべきと思われる。

    (福永記)

    エッセイ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    コミュニケーション支援訪問記

    0

       ある患者さんのスイッチが不調とのことで訪問調査に行きました。
      患者さんは丸型の押しボタンスイッチ同じものを2ケ使用していました。1つはベッドで足の裏でコールスイッチ(A)として押して使う、もう1つは車椅子で足のひざ間に入れてクッションと一緒に挟みこむようにして押して「伝の心」を操作するもの(B)で、不調なものは後者(B)のほうでした。テスターを使って調べてみるとスイッチの根元のコード部分が断線しているようでコードを動かすだけでON,OFFを繰り返します。交換すれば数千円かかり、業者でないので給付制度も使えません。修理するしかないと、その間、別の同じスイッチAに置き換えたところ角度や位置をいろいろ設定しても患者さんがうまく使えない。何とBのほうは使用頻度が高かったのか、バネが弱くなっており、これが功を奏して弱い力でも操作できていたことが判明。AとBを水平に並べて押すとAは元に復帰するが、Bは自重で元に戻らないほどバネが弱い!患者さんはBを垂直方向で使用しているので正常動作できていることがわかり、いかに微妙な使い方で利用しているかを痛感しました。やむなくその場で分解、コード切断、半田付けで修理し対応しました。もし新品のスイッチを購入し交換したら使えず、無駄に終わっただろうという予想にため息がでました。(福永記)

      エッセイ | permalink | - | - | -

      私の入院中の生活

      0
         まず家での生活がTV三昧なので入院中の生活ではTVは観ません。TVを観るために首を痛めたこともTVを観ない理由のひとつです。首を傾けずに目の前にあるようならラジオでなくTVを観るかもしれません。アーム式のTVがあればいいですね。
        それからいつもPCは持参しません 私のコミュニケーション手段はすべて文字盤です。私の排尿は尿器介助なのでオーバーテーブルは排尿のたびに邪魔になります。TV同様アーム式の支柱があるといいかもしれません。コミュニケーション手段としては機器にこだわらず『文字盤』とか簡単な『やって欲しいことリスト』の製作を指導した方が良いと思います。コミュニケーションのとりにくい患者さんは機器の扱いを諦めてしまうことが多いようです。私は某病院の中でも要望と注文の多い患者として知られています。入院中の生活ではQOLの維持に努めています。
        (患者Sさんより投稿)
        エッセイ | permalink | - | - | -

        視線方式意思伝達装置

        0
           これには現在、トビー製の「マイトビー」があり、以前はUtechzone製の「SPRING」もあったが、こちらのほうは、わずか2年で製造中止となってしまった。もともと一般的に多く売れる商品でないため採算はとれない上に高価で助成金も全額は無理で自己負担も多い。しかも眼球の運動を検知してパソコンのカーソル操作をするため、運動機能が低下するALS患者にとって使える期間が長くないのも利用を難しくしている。また目が大きく開いていないと(いわゆる半眼はダメ)視線を検知できない。それでも見るだけで意思伝達ができてしまうメリットは非常に大きいが問題は価格である。
          最近ゲームへの応用でTobyEyeXという視線検知ユニットが2万円台で入手できるようになった。そしてこれを応用したフリーソフトの「ハーティラダー」が有力な手段で注目されている。最近支部もこれを購入し1患者に試してみたところまあまあ使えることがわかった。ともあれパソコンを持っておれば従来の装置の数10分の1の値段で視線入力意思伝達装置を構築することができるので患者にとっては例え短期間の使用で終わってもそれほど自己負担が気にならない。ただあくまで自分で設定し、しかも英語の説明書のため英語とパソコンがある程度精通していないとやっかいではある。でもこれだけのコストで従来製品と同等の機能を利用できることは感動ものである。(福永記)
          エッセイ | permalink | - | - | -